日常のチョッと気になる出来事をいろいろ記事にしています

ネタの森

モノ

彼女がいなくても膝枕で寝る願望を叶えてくれるクッションがあった

投稿日:

膝枕

可愛い彼女の膝枕で寝ることは多くの男性のあこがれといえます。
しかし、肝心の彼女がいなければその夢もかないません。
そんな方の願望を叶えてくれるクッションがamazonで販売されていました。
これです。

少々微妙な気もしますが、寝てみたいような気もします。

膝枕という習慣はいつ頃からあったのでしょうか。

膝を枕代わりにする例の記述は、すでに今から約1200年前につくられた日本最古の和歌集である『万葉集』の歌に見られます。

遠い都に宮仕えに旅立つ夫に向けた妻の思いを綴った歌です。

宮仕えに出る夫よ、大和女の膝枕をするたびに私のことを思い出してください。

大和女と膝枕をすることはあっても私のことを忘れないでください、という歌です。
なんとこの当時の女性は健気なのだろうと思うのは早計です。

これは夫の気持ちを確かめているのであって、間違っても「解った、そのようなことがあっても忘れないよ」などと言ったら途端に顔色が変わるのは今も昔も変わりません。


しかし、なぜ男性は昔からこのように女性の膝枕にあこがれるのでしょう。
その理由は以下のような心理からと言われています。

  • 安心するから
  • 癒されるから
  • 甘えたいから
  • 好きなんだなと確認できるから
  • 恋人を独占している気分になれるから

そしてさらに究極の男性の憧れ、その最たる例が「可愛い彼女の膝枕でしてもらう耳かきは至福の時です」です。
しかし、これも彼女がいないとしてもらえません。

そんな方のためにありました。
今の世の中、いろんなサービスがあるものですね。

 

耳かきで癒しのひと時を提供

山本耳かき店

公式サイトを見ると「小町女性のひざ枕に身をゆだねながらの耳かきで心身とも癒されてください」とある。

 


 
耳かきについて調べていたらこんなのもありました。

膝枕

内容紹介
安倍夜郎の原点、待望の単行本化!

『深夜食堂』の安倍夜郎が描くーー
人に耳掃除をしてもらうという、そこはかとなく淫靡で、限りなく官能的な世界。
人々は“山本耳かき店"で恍惚とした時間を味わい、その先に……!?
安倍夜郎のデビュー作にして、初の連作シリーズが、
新たなる描き下ろしを加えて待望の単行本化!
ファンならずとも一読の価値あり!!

 

膝枕

安倍夜郎プロフィール

職業    漫画家
活動期間  2004年 -
ジャンル  青年漫画
代表作   『深夜食堂』
受賞       第53回小学館新人コミック大賞
一般部門 大賞『山本耳かき店』
第39回日本漫画家協会賞大賞『深夜食堂』

耳かきの世界、なかなか奥深いものがあるのですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 
関連記事

-モノ

Copyright© ネタの森 , 2018 All Rights Reserved.