TAMA BLOG

 気になることを拾い集めてお届けします。

出来事ななめ読み

『加速するEV化』こんなにある電気自動車の問題点7選

更新日:

日本においても国内販売車の電動化について「2035年までに新車販売で電気自動車100%を実現する」と政府指針として表明されました。

電気自動車へ100%すればバラ色の社会がやってくるのでしょうか。
現時点において懸念されるEV車の問題点を取り上げてみました。

 

充電設備の問題

国内においてEV車の普及には充電インフラの整備が課題となってきます。
欧州や中国ではEV化へのシフトが進んでいるためそれに伴い充電インフラも整備されつつあります。

しかしバッテリーへの充電インフラが十分に進んでいない日本では本格普及にはたくさんの課題があります。

自宅の充電機増設は約10万から20万円、急速充電器の設置費用は300万円から1,500万円かかるといわれています。

これらを合わせると約14兆円から37兆円のこの充電インフラコストが必要となります。

 

充電時間の問題

普通充電で5時間から8時間程度
急速充電で15分から30分程度といわれています。

戸建てで充電設備を持っている方は一晩かけてゆっくり充電させることができますが、そうでない方は充電設備があるところへ出向き急速充電する必要があります。

今後EV車の普及が進むことが予想されますので混雑している場合は長い待ち時間が必要となります。

 

集合住宅における問題点

集合住宅では管理費を毎月集め、それを使って施設の管理や補修を行っています。

集合住宅の駐車場も、管理組合の管轄であり、住民がEV車用の充電設備を希望した場合は管理組合の許可が必要となります。

管理組合の承認を得るにはマンションの所有者の三分の二以上の賛成が必要となります。
所有者の中には車を所有していない方もいるので賛成の議決を得るのは簡単ではありません。

 

大雪が降った時の問題

Tama
ドカ雪といわれているように、日本は世界と比べても降雪量が多い国なんだよね。

2020年の12月に東京と新潟を結ぶ関越自動車道では、雪で動けなくなる車両が相次ぎ17時間以上にわたって車内に閉じ込められるという事態が起きました。

モーターで駆動する電気自動車はガソリン車のように排熱を利用することができません。

そのため電気自動車は貴重な駆動用バッテリーを消費して熱を発生させているため暖房を使うとバッテリーの消耗が早まります。
場合によっては命の危険性にかかわってくる事態が予想されます。

 

バッテリーの劣化の問題

バッテリーは急速充電を繰り返すと劣化する性質を持っています。
スマートホンをお使いの方はお分かりになると思います。

一部の車では急速充電時の負荷を抑えることができるようになっているタイプの車も登場しているが、劣化を抑えるには家庭でゆっくりと時間をかけて充電するのを基本と考えた方がよいでしょう。

 

バッテリーは燃えやすいという問題

テスラモーターズ「Model S」

  • 2019/4/21、中国・上海市徐匯区の集合住宅団地にある地下駐車場内で止めてあったテスラ社の乗用車が突然白煙を上げ、炎上した。
  • 2019年08月21日、中国の新エネルギー車ベンチャーの雲度新能源汽車(本社:福建省)は8月12日、広西チワン族自治区南寧市で自社の電動スポーツ用多目的車(SUV)「π3」の発火事故が起きたと発表した。
  • 中国のEV(電気自動車)新興企業であるWM Motorは2020年10月下旬、同社の自動車4台がわずか1カ月で発火し、1000台以上をリコールすると発表。
  • 2021/05/15、中国のマンションで充電中の電動スクーターが原因の火災が起きました。中国では同様の火災が相次いでいて、社会問題となっています。
  • 2021/05/17、広西チワン族自治区にある大学内で電動バス4台が突然炎上

注目

2021年4月、中国製の電気自動車(EV)が日本に本格的に導入されることが明らかになった。
導入するのは、SGホールディングスグループの佐川急便で、配送用の軽商用バンとして、中国・広西汽車集団が製造するEVを7200台を導入する。

 

雇用と電力不足の問題

  • EV化が進めば自動車業界だけで70万人からから100万人が雇用を失うことになる。
  • 乗用車400万台をすべてEV化したら夏の電力使用のピーク時に電力不足となり、解消には発電能力を10~15%増やさなければ賄いきれない。
    原発でプラス10基、火力発電であればプラス20基必要な規模となる。
Tama
この問題は日本自動車工業会の会長でもある豊田章男社長が重要な問題として訴えているね。

EV化といっても、まだまだいろいろ課題が多いのね。
ね子
 
関連記事

-出来事ななめ読み

© 2021 TAMA BLOG