日常のチョッと気になる出来事をいろいろ記事にしています

ネタの森

ライフ

驚きの中国のトイレ事情、ニーハオトイレ、壁がない、紙がない

更新日:

中国トイレ

”私には 中国の反日デモよりも中国のトイレ事情の方が恐い!"

北京オリンピック以後中国のトイレ事情もだいぶ改善されつつあるようだがトイレに関する文化が我々日本人とはだいぶ違うので中国へ行かれる方は心の準備が必要だ。

そんな驚きの中国トイレ事情を紹介。

Photo: undefined by Stan Wiechers


中国のトイレ事情、ニーハオトイレ、壁がない、紙がない

ニーハオトイレ、隣の人と気軽に挨拶しながら用を足す

ニーハオトイレ中国

「今日も元気そうね」などと隣の人と気軽に顔をあわせ「ニーハオ」と挨拶できるところから「ニーハオトイレ」と呼ばれている。

古来中国においては自宅に便所を持たないというのが一般的であり、便所は住民の共用で使用されていたのが一般的だった。

住民同士のコミュニティの場として使用されていたため、その風習が今も残り仕切りが無くても当たり前なのだ

そもそも中国では「排泄は自然現象で恥ずかしいものではない」と考えられていて、裸で知らない人と温泉に入る日本人の方が変と思われているようです。

所変われば文化も違う。
今日も元気に”ニーハオ

「紙がない!」中国のトイレには紙が設置されていない

中国トイレ

なぜ紙が設置されていないのでしょう?

それは紙を設置すると持ち去られてしまうからなのです。

設置してあると自分の靴を拭いたり、持ち帰って別の用途に使われてしまうためすぐになくなってしまうからだ。

そのため中国のトイレを利用するにはあらかじめ何処かの店で携帯用のトイレットペーパーを購入して常に持っていなければなりません。

急な腹痛に襲われて手ぶらで飛び込むと、ほっとしたのもつかの間、その後悲惨な現実に気付くことになるでしょう。

また、中国のトイレではトイレットペーパーをトイレに流してはいけない。

ではどうするのか?横においてあるクズ籠に入れるのである。

その理由は排水管が細い事に加え、流される水の量が少ないためトイレに流すと排水管が詰まってしまうのだ。

中国トイレには「壁がない!」前の人の物が流れて行くのが見える

中国のトイレ事情

仕切りがあるから多少は落ち着けるが、前の人の物が流れて来るのが見えるのはどんなものなのでしょう?

「こいつ昨日トウモロコシを食ったな」とかばれてしまう。

溝をまたいで用を足す人もいれば、正面を向いて後ろに用を足す人もいればスタイルは様々である。

中国では地方に行けば壁がないのが当たり前なので、その生活に慣れている人が都会に出てきて壁があると、閉塞感があって逆に落ち着かないようである。

市街地にある中国公共トイレの様子

中国ニーハオ公衆トイレ

この写真の叔父さんがしゃがむ方向を間違って用を足してるわけではない、中国では入り口に向かってしゃがみ、用を足すようになっているのでこれが普通。

前から来た人にニーハオ!

隣の人のことなど気にすることなくごく当たり前に用を足しているようだ。

我々日本人がいきなりこんなところへ入ったらおそらく目的を達することなく出てくることになるだろう。

日本人なら皆便秘になってしまう。

安心して使えるトイレは

まずは外国人観光客も泊まるような大手ホテルのトイレのようですが、これもホテルにより差があるそうです。

大型のデパートや名のある観光施設のトイレは日本とほぼ安心して使えるところが多いようです。

「マクドナルド」か「ケンタッキーフライドチキン」などのファーストフード店があればトイレを借りる。

市街地を離れてローカルな観光スポットなどへ行く場合は覚悟が必要です。

中国旅行を計画されている方はトイレのことも考慮して行った方がいいでしょう。

中国伝統の股割れパンツがアメリカで通報騒ぎになった

股割れパンツ中国

小さな子供におむつなしでお尻の部分が割れているパンツをはかせることが伝統としてある。

その目的は子供が便意を模様したら親が即座にどこでも排泄をさせることが出来るように考案されたパンツである。

このようにいつでもどこでも即座に用を足せる機能性パンツ

中国トイレ、いつでもどこでも

その股割れパンツを見慣れない外国人には拒否反応を示す人も少なくない。

先日アメリカでこの股割れパンツを見た住民が警察に通報する騒ぎがあり、この報道が伝わると中国ネットユーザーから非難の声が上がっているというのだ。

事件があったのはロサンゼルスのモントレーパーク市。

先日、中国系の子どもが女性に連れられ、“股割れパンツ”を履いて公園を散歩していたところ、米国人女性によって通報される出来事があったそうだ。

この報道を見た中国のネットユーザーはこれは「差別」だと批判的な意見が噴出したという

混雑の解消目的で女性用立ちショントイレが登場

中国女子トイレ

中国陝西省にある大学で混雑解消を目的とした女性用立ちショントイレが設置されたそうです。

中国女子便所

見た目は男性用の小便器とあまり変わりはないように見えますが、そこにはオリジナルな工夫がされているようです。

便器の上に備え付けられていて使い方の説明が書かれています。

中国トイレ

その工夫がこれ、飛び散らないようにこれを添えて立ったまま用を足すための優れもの?

この大学では男子便所に比べて女子トイレの数が少なく慢性的に混雑しているため、その対策の一環として考案されたものだ。

大学側もポスターを貼り学生たちに使ってもらえるように呼びかけているが、女子学生たちにはあまり評判は良くないようだ。



中国のトイレ標識

中国トイレ標識

左下の標識の意味は?中国のトイレではこんなアクロバット的な姿勢で用を足す人がいるのだろうか?

右上の標識の意味は中国の女性は「病気の感染」を嫌がり洋式便器に座るのを嫌うためホテルの便器でも便座に乗って用を足す女性が多いのでこんな標識が必要なのだそうです。

左下のアクロバット的な姿勢で用を足す人などいるのでしょうか?

13億5千万人の様々な人が住む中国にはひょっとしたらいるのかも。

右下のこんな使用目的で利用するカップルも多いので表示されているのでしょうか。
それともこういう使い方はしてはいけませんという単なる注意書きなのでしょうか????。
良く分かりません。

4千年の歴史を持つといわれる中国、トイレ一つとっても文化は多様である。

中国で日本の温水トイレのパクリが大流行

上の画像はトルネード洗浄の機能について紹介している動画。

東日菱?
日本では有名なブランドとして紹介されているけど聞いたことないですね。

東芝・日立・三菱が合併してできたメーカーなのでしょうか。

東日菱のホームページに企業紹介が掲載されている。

「DEOOE東日菱は日本のスマート便座カバーにおける知名なブランドです。
DEOOE東日菱株式会社はずっと知能家電の開発に専念しています。
創始者と核心技術チームは東芝半導体と三菱化学で就職したエリートです。」

と説明されている

そしてさらに下村文科大臣の姿もある。

「東京研究センター設立」という紹介ページだが、この画像は2015年に茨城県で行われた原発の廃炉研究センターの開所式のものを無断で加工したものだった。

「津上」「川蒼(かわそ)」など日本のメーカーを謳った会社が乱立していて、中でも有名なのが「杉本」というメーカーで日本のブランドとしてすでに定着しているそうです。

ここまでくるとパクリというより最早ギャグの域に達しているがこれも中国4千年の奥深さなのだろうか。

中国のトイレ改革を習近平国家首席が指導

ニーハオトイレ

中国では今トイレ革命が始まっている。

トイレは文明の窓であり、今こそトイレ革命が必要です。トイレは衛生的なものにしなければなりません。

という習近平国家主席の大号令のもと、中国ではトイレ革命が猛スピードで始まった。

2017年11月月27日の新華社電によると、中国政府は2015年から、北京や上海などの観光地を中心にトイレを整備する「トイレ革命」が一定の成果を上げたとして、習近平国家主席が評価したとする見解を示しました。

しかし、まだ依然として大都市でも古い集落や住宅街では自宅にトイレがなく、共用の古い公衆トイレが使われているケースも多い。

そのため更なるトイレ革命の強化を指示したと報道されている。

裏を返せば、国家首席が号令をかけなくてはならないほど中国のトイレ事情は劣悪な環境にあるということである。

海外の反応、日本のトイレ

とにかく清潔の日本のトイレの何に一番驚いたかって? 清潔なことだよ。
香港


施設の充実ぶりどうこうよりも、綺麗なことに何より感銘を受けた。
イタリア


日本は俺達のテクノロジーよりもはるかに先に行ってるようだな。 トイレでさえ俺達の理解を超越してるとは……。
イギリス

あんな綺麗なお手洗いで用を足すのは申し訳なくなりそう
キプロス

ベトナムにいたら絶対公衆トイレは使わない。日本の方は100倍クリーンです
ベトナム

ウォシュレットは)清潔感があり、ウォシュレットがないともう生活できないぐらい重要
シンガポール

日本の技術はアメリカの10年先をいってるんだなって思ったよ。
アメリカ

日本に住んでいるが、赤ちゃんのベッドも壁に取り付けられていて、それもすべてベルトがついているよ。
不明

日本のトイレは、水でお尻を洗ってくれるだけじゃないんだぜ、日本のトイレットペーパーを使ってみろよ。 まるで羽毛布団で拭くような柔らかさだぜ。トイレに行くのが楽しみになってくる感触だぞ。
不明

 

 
関連記事

-ライフ
-,

Copyright© ネタの森 , 2019 All Rights Reserved.