KazMedia

 気になることを拾い集めてお届けします。

未分類

驚きの中国のトイレ事情、ニーハオトイレ、壁がない、紙がない

投稿日:03/28/2019 更新日:

”中国のトイレ事情は驚きのオンパレードだ"

北京オリンピック以後中国のトイレ事情もだいぶ改善されつつあるようだがトイレに関する文化が我々日本人とはだいぶ違うので中国へ行かれる方は心の準備が必要だ。

そんな驚きの中国トイレ事情を紹介。



中国のトイレ事情、ニーハオトイレ、壁がない、紙がない

ニーハオトイレ、隣の人と気軽に挨拶しながら用を足す

「やあ、こんにちは」などと隣の人と気軽に顔をあわせ「ニーハオ」と挨拶しながら用を足すので「ニーハオトイレ」と呼ばれている。

古来中国においては自宅に便所を持たないというのが一般的であり、便所は住民の共用で使用されていたのが一般的だった。

住民同士のコミュニティの場として使用されていたため、その風習が今も残り仕切りが無くても当たり前なのだ。

村人たちの日常の情報交換の場でもあったのです。

そもそも中国では「排泄は自然現象で恥ずかしいものではない」と考えられていて、裸で知らない人と温泉に入る日本人の方が変と思われているようです。

中国の大都市では流石にニーハオトイレを見ることはないが、田舎に行けばまだまだ普通にあるので地方に行くときには覚悟が必要だ。

所変われば文化も違うのです。

中国トイレでは紙を便器に流してはいけない

ニーハオトイレ

中国では使用済みの紙は流してはいけないのです。
ではどうするかというと、備え付けられたカゴに入れるのです。
その理由は

  1. 水圧が弱い
    少し前まで中国ではトイレの水圧が弱く流し切れないため排水管が詰まり逆流することがしょっちゅうだった。
  2. 紙の質が悪い
    日本のトイレットペーパーは水溶性の紙を使っているが、中国ではまだ普及していないため紙が厚く硬いため流れない。
  3. 下水管の問題
    下水管が細いため、硬い紙を流すと詰まり安い。

という理由から中国では紙はカゴに入れるのが正解なのです。
大都市では改善されつつあれますが、トイレに入ってカゴが設置されていたらカゴに入れましょう。
うっかり流して逆流する悲惨な目に合わないために。

「紙がない!」中国のトイレには紙が設置されていない

なぜ紙が設置されていないのでしょう?

それは紙を設置すると持ち去られてしまうからなのです。

設置してあると自分の靴を拭いたり、持ち帰って別の用途に使われてしまうためすぐになくなってしまうからだ。

そのため中国のトイレを利用するにはあらかじめ何処かの店で携帯用のトイレットペーパーを購入して常に持っていなければなりません。

急な腹痛に襲われて手ぶらで飛び込むと、ほっとしたのもつかの間、その後悲惨な現実に気付くことになるでしょう。

安心して使えるトイレは

まずは外国人観光客も泊まるような大手ホテルのトイレのようですが、これもホテルにより差があるそうです。

大型のデパートや名のある観光施設のトイレは日本とほぼ安心して使えるところが多いようです。

「マクドナルド」か「ケンタッキーフライドチキン」などのファーストフード店があればトイレを借りる。

市街地を離れてローカルな観光スポットなどへ行く場合は覚悟が必要です。

中国旅行を計画されている方はトイレのことも考慮して行った方がいいでしょう。

中国伝統の股割れパンツがアメリカで通報騒ぎになった

股割れパンツ中国

小さな子供におむつなしでお尻の部分が割れているパンツをはかせることが伝統としてある。

その目的は子供が便意を模様したら親が即座にどこでも排泄をさせることが出来るように考案されたパンツである。

その股割れパンツを見慣れない外国人との間でトラブルになった事件が起こった。

数年前、アメリカでこの股割れパンツを見た住民が警察に通報する騒ぎがあり、この報道が伝わると中国ネットユーザーから非難の声が上がっているというのだ。

事件があったのはロサンゼルスのモントレーパーク市。

中国系の子どもが女性に連れられ、“股割れパンツ”を履いて公園を散歩していたところ、米国人女性によって通報される出来事があったそうだ。

この報道を見た中国のネットユーザーはこれは「差別」だと批判的な意見が噴出したという

ユニークな中国のトイレ標識

中国トイレ標識

左下の標識の意味は?中国のトイレではこんなアクロバット的な姿勢で用を足す人がいるのでしょうか?

14億人の様々な人が住む中国にはひょっとしたらいるのかも。

右上の標識の意味は中国では便座が汚れていることが多いため、中腰で用を足したり、便座の上に足の乗せて用を足したりする人が多いためこんな標識が必要なのだそうです。

高級ホテルの便器でも汚れている場合があるので、使用するときにはウェットティッシュできれいに拭いてから使うようにしましょう。

中国で日本の温水トイレのパクリが大流行

上の画像はトルネード洗浄の機能について紹介している動画。

東日菱?
日本では有名なブランドとして紹介されているけど聞いたことないですね。

東芝・日立・三菱が合併してできたメーカーなのでしょうか。

「津上」「川蒼(かわそ)」など日本のメーカーを謳った会社が乱立していて、中でも有名なのが「杉本」というメーカーで日本のブランドとしてすでに定着しているそうです。

ここまでくるとパクリというより最早ギャグの域に達しているがこれも中国4千年の奥深さなのだろうか。

中国のトイレ改革を習近平国家首席が指導

中国では長い間、仕切りが無かったり、溝にまたがったりするだけのトイレが多くあまり衛生的とは言えない状況が続いていました。

トイレは文明の窓であり、今こそトイレ革命が必要です。トイレは衛生的なものにしなければなりません。

という習近平国家主席の大号令のもと、2015年から中国ではトイレを整備する政策が始まり徐々に改善され大都市では安心して入れるトイレが増えてきています。

しかし、14億人が住む国土の広さもあり多様性のあるのが中国です。

大都市と地方では格差が大きく地方へ行ってトイレを利用するにはそれなりの覚悟を持って行きましょう。

また「公共性」という概念が浸透していない中国では大都市のトイレなら全て安心という訳ではないので外出する際には必ずポケットティッシュを携帯するようにしましょう。

2017年11月月27日の新華社電によると、中国政府は2015年から、北京や上海などの観光地を中心にトイレを整備する「トイレ革命」が一定の成果を上げたとして、習近平国家主席が評価したとする見解を示しました。

しかし、まだ依然として大都市でも古い集落や住宅街では自宅にトイレがなく、共用の古い公衆トイレが使われているケースも多い。

そのため更なるトイレ革命の強化を指示したと報道されている。

海外の反応、日本のトイレ

香港-とにかく清潔の日本のトイレの何に一番驚いたかって? 清潔なことだよ。
イギリス-日本は俺達のテクノロジーよりもはるかに先に行ってるようだな。 トイレでさえ俺達の理解を超越してるとは……。
キプロス-あんな綺麗なお手洗いで用を足すのは申し訳なくなりそう
シンガポール-ウォシュレットは)清潔感があり、ウォシュレットがないともう生活できないぐらい重要
不明-日本に住んでいるが、赤ちゃんのベッドも壁に取り付けられていて、それもすべてベルトがついているよ。
不明-日本のトイレは、水でお尻を洗ってくれるだけじゃないんだぜ、日本のトイレットペーパーを使ってみろよ。
 
関連記事

-未分類
-,

Copyright© KazMedia , 2020 All Rights Reserved.