ネタの森

日常のチョッと気になる出来事をいろいろ記事にしています

注意され、逆切れした相手はシャープ買収劇の鴻海(ホンハイ)の郭台銘会長だった。

      2016/02/27

逆鱗Photo: undefined by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

 

会社の偉い人の顔ぐらいは覚えておこう、知らなかったばかりにとんでもないことに。
その舞台となったのが中国・広東省深セン市にあるフォックスコン龍華工場だ。

フォックスコンは、Apple製品の主要サプライヤーであり、電子機器の生産を請け負う製造業の会社で電子機器受託生産では世界最大の企業グループである。
台湾に本社を構え、生産拠点は主に中国にある。

主な顧客としては、米アップル、中国・小米科技(シャオミ)、米ヒューレット・パッカード、ソフトバンクグループ、ソニーなどである

2月5日のニュースで報道されたが、鴻海(ホンハイ)の郭台銘会長が急きょ来日し、大阪市のシャープ本社で、高橋興三社長ら経営陣と交渉を行い、7000億円を投じシャープ買収で大筋合意したと発表した。

鴻海精密工業はスマートフォンや薄型テレビなどの電子機器を受託生産するEMS 企業であり、台湾に本社を置くフォックスコン・グループの中核会社である。

そして今回シャープ買収のために来日したのがフォックスコン・グループを束ねる郭台銘会長だ。

シャープを買収できるほどの規模を持つ会社のとんでもない偉い人だ。

そんな偉い人を相手にちょっとした事件が起こった。
フォックスコン龍華工場内にある禁煙エリアで男性2人がタバコを吸っていたそうだ。
すると、オジサンが近づいてきて注意したという。

ムカついた2人は「お前誰だよ! 関係ねーだろ!?」と喰ってかかったところ、なんとそのおじさんは 会社のいちばん偉い人、大富豪として知られる台湾・フォックスコンの郭台銘(グオ・タイミン)会長だったのだ!! 

 

そんな会社の会長に悪態をついたのだからただでは済まない。

中国、タバコ注意され逆切れ

郭台銘(グオ・タイミン)会長

そんなまさかのシーンが激撮されて大拡散しているのだ!
なんとこの二人はたまたま工場を視察に来ていた会長に逆切れして暴言を吐き悪態をついてしまったのだ。

これに激怒したフォックスコンの会長・郭台銘氏!が

「フォックスコンにこんなスタッフは要らん!」

と 郭会長はスタッフの態度に激怒! 逆鱗に触れてしまった。

「彼を処分しなければ、私は君を処分する」と責任者を叱責した。

成熟した社会であれば会社の中では相手が誰であれ目上の人に悪態をつくなんてなんてもっての他。

中国の一人っ子政策により過保護に育てられ、我まま放題に育った子供を「小皇帝と」呼んでいる。
礼節なんて観念はあまりないのだろう。

動画にそんな非礼な態度をとった社員を激しく叱責する郭会長の姿が映っている。

さすが世界最大の企業グループを束ねる会長である、叱り方も迫力がある。
最近、若者をここまで叱れる人は少なくなっていることもあってか、男らしいとネットで賞賛の声が上がっている。

この郭台銘会長の激怒の瞬間の動画はあっという間に拡散。中国や台湾でニュースになった。
やはり礼節を軽んじてはいけないと改めて思い知らされる瞬間の動画だ。

 

動画は「YouTube」から

 

 - ■ライフ , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク