ネタの森

日常のチョッと気になる出来事をいろいろ記事にしています

話題の『スーパー大麦グラノーラ』で腸内のヤセ菌を増やして手軽にダイエット

      2016/09/11

スーパー大麦

 

あなたの腸内フローラに「デブ菌」と「ヤセ菌」がいるのをご存知ですか?
このデブ菌と痩せ菌の存在が分かったのは健康な人の便を移植して様々な病気を治すという「糞便移植療法」という研究の過程で見つかった菌です。

この治療で思わぬ発見となったのは、肥満の人の糞便を移植された人が、短期間で急に太ってしまったというものだ。

動物実験でも同様な現象が確認された。

クリステンセネラセエという奇妙な名前の細菌は痩せる腸内細菌として注目されている。

他人の便を移植する?と驚かれるかも知れませんが、現在、海外ではすでに副作用のない究極の治療法として研究が進んでいます。

国内でもすでに順天堂大学医学部消化器内科千葉大学医学部附属病院を始め滋賀医科大学医学部附属病院消化器内科などの医療機関でも臨床研究が始まっています。

Photo: undefined by mahmoud99725

スポンサーリンク

 

 

おデブ菌が多いとダイエットしてもヤセにくい

一生懸命食事の量を減らしてもなかなか痩せられないという人はこの「おデブ菌」のせいかも知れません。
この「おデブ菌」は少ない量の食事でも脂肪にかえてしまう性質をもっているからなのです。

おデブ菌を減らしてヤセ菌を増やすにはどうしたらよいのでしょう。

この「おデブ菌」と「ヤセ菌」にはそれぞれ好物な餌があり、悪玉菌やおデブ菌はご飯やパンなどの糖質類と甘いお菓子などが大好物。

逆に善玉菌やヤセ菌が好きなのは食物繊維やオリゴ糖など。

ヤセ菌を増やすためにはヤセ菌の好物の食物繊維を与えることが近道なのですが、それを食事で多く摂るのはなかなか難しい。

 

そこで今注目されているのが「スーパー大麦(グラノーラ)だ」

たくさん摂ることが難しいとされている食物繊維を手軽に摂る事が出来る上、含まれる食物繊維の量もごぼうの5倍も含まれている。

しかも、一般の大麦に比べて2倍の水溶性食物繊維、4倍の「レジスタントスターチ」を含む大麦として広く知られています。

レジスタントスターチは今注目の食物繊維で、満腹感を持続し、お腹がすきにくくなります。
今まで届きにくかった大腸の最後までしっかり届いて、ヤセ菌を増やす働きがあります。

また、スーパー大麦グラノーラには3種類の食物繊維が含まれていて、それぞれが腸の始まりの部分、真ん中の部分、終わりの部分に働くようになっていて、余分な糖質の吸収を効果的に抑えます。

index_pi01

 

 

摂り方は簡単

朝食の最初にスーパー大麦グラノーラを50グラム食べるだけ、ヨーグルトなどと一緒に摂取すると乳酸菌との相乗効果がありお勧め。
一日一回摂取するだけだけでOK。

 

食べたいものをあまり我慢するのは逆効果

その後の食事は食べる量も含めて普段通りの食事を、「食べたいものを我慢するとストレスがたまります。」
ストレスを感じると、腸内でカテコラミンといった物質が放出されて、腸内環境を悪化させ悪玉菌やおデブ菌が増え、体重を落としにくくしてしまうからです。

 

効果が現れる期間

約2週間、高齢の方は腸内細菌の力も衰えているためさらに1週間ほど必要。

このスーパー大麦グラノーラはTVで放送された影響もあり現在amzonで品切れ状態となっています。
さらに発売元の帝人にも問い合わせが殺到している模様。

番組内で「やしろ優さん」が2週間挑戦した結果

82.6kgあった体重が80.1kgとなり、-2.5kgのダイエットに成功
100.9cmあったウェストも94.6cmとなり、-6.3cm細くなった。

その他出演された一般の3人の被験者の方も平均-2~3㎏のダイエットに成功という結果が出た。
そして嬉しいことがもう1つ、被験者の皆さん朝のお通じがとても良くなったとの事です。

 

 - ■カラダ

スポンサーリンク

スポンサーリンク