ネタの森

日常のチョッと気になる出来事をいろいろ記事にしています

自民党の黒幕『日本会議』安部首相を含め閣僚の8割が所属する右派団体

      2016/08/27

日本会議

 

Photo: undefined by Global Panorama

安部政権の政策に大きな影響を与えている保守団体がある、それが「日本会議」だ。

日本会議は、1997年に設立された、日本の民間団体である。
2016年現在、会員は約38000名、全国都道府県に本部があり、また241の市町村支部がある

英 The Economist紙 や仏 L’Obs 誌 などが相次いで、日本の危険な右翼団体「日本会議」が、安倍政権の政策に大きな影響を与えていると報じているのにもかかわらず奇妙なことに日本のメデイアではほとんど取り上げられることはなかった。

宗教色の強い地方の1団体であり、自民党の集票組織の1つぐらいにしか思っていなかったのか、またはアンタッチャブルな存在として扱われていたのか謎である。

驚くのは政界への強力な浸透力だ。
「日本会議」設立と時を同じくして、関連団体の「日本会議国会議員懇談会」が立ち上げられ、今や自民党を中心に、超党派で280名が加盟している強大な影の組織となっているのだ。

 

政治と密着する日本会議。

懇談会特別顧問は麻生財務大臣、副会長に安倍首相、菅官房長官、石破地方創生担当大臣、中谷防衛大臣が名を連ねる。

第二次安倍改造内閣では19名の閣僚のうち15名が、第三次安倍改造内閣では、25名中12名が日本会議所属議員となっている。

いかに現政権への影響力が大きいかがよく分かる。

 

日本会議の目指すものはなんなのか

日本会議

Photo: undefined by Tokyo Sightseeing Photo Club

 

日本会議のウェブサイトには以下のように掲載されている。

1.美しい伝統の国柄を明日の日本へ
2.新しい時代にふさわしい新憲法を
3.国の名誉と国民の命を守る政治を
4.日本の感性をはぐくむ教育の創造を
5.国の安全を高め世界への平和貢献を
6.共存共栄の心でむすぶ世界との友好を

戦後アメリカに押し付けられた憲法を初め、占領政策や教育政策によって日本古来から培ってきた伝統と文化を忘れ、国の荒廃が進み誇りを持てる国ではなくなってしまったため、もう一度誇れる日本を取り戻そうというのが趣旨となっている。

具体的な主な活動には以下のようなものがある。
日本の皇室関連の運動
男系による皇位の安定的継承を目的とした皇室典範改正

改憲運動
わが国の歴史、伝統にもとづいた理念に基づき、新しい時代にふさわしい」と判断する新憲法の制定
本会議は新憲法の制定をめざしており、特に「軍事力増強」「緊急事態条項」「家族保護条項」の条文化を重視している

教育委員会制度の改革
「親学」にもとづく、親への再教育、いじめ撲滅等を目的と掲げる「家庭教育基本法」の制定
「特に行きすぎた権利偏重の教育」とみなした教育の是正「わが国の歴史を悪しざまに断罪する自虐的な歴史教育」とされる教育の是正
「公共心」「愛国心」「豊かな情操」教育等を盛り込んだ「新教育基本法」の制定

国防関連の運動
海上保安庁法等の改正(一部改正)
平時における自衛隊の領域警備に関する役割を定める法律の制定
自衛隊法の改正等による「有事法制」の整備

靖国神社関連の運動
閣総理大臣の靖国神社公式参拝実現
靖国神社に代わる無宗教の「国立追悼施設」建設反対

男女平等への反対運動
「選択的夫婦別姓法案」「男女共同参画」反対
「家庭や社会秩序を壊すもの、家族の一体感が損なわれる」などとして強く反発

 

構成している役員

<名誉会長>
三好 達           元最高裁判所長官
<顧問>
石井 公一郎  ブリヂストンサイクル(株)元社長

<会長>
塚本幸一(ワコール会長、初代 )
稲葉興作(石川島播磨重工業会長、第2代 )
三好達(元最高裁判所長官、第3代 )
田久保忠衛(外交評論家、杏林大学名誉教授、第4代  )

<代表委員>
石原新太郎   前東京都知事
伊藤 憲一   青山学院大学名誉教授
横倉 義武   日本医師会会長
秋本 協徳   新生佛教教団最高顧問

日本会議役員名簿

 

日本会議の特徴は、上述の個別目標に相応した分科会的な別働団体を、多数擁している点にある。

 

関連組織

・日本会議国会議員懇談会
国会議員が組織している団体である。
日本会議国会議員懇談会の主な役員

・日本会議地方議員連盟
超党派の地方議員によって設立され 地方活動をおこなっている。

日本会議が改憲運動のために作った関連団体に「美しい日本の憲法をつくる国民の会 」というのがある。

日本会議

 

この美しい日本の憲法をつくる国民の会が主催し昨年の11月10日に、今こそ憲法改正を!1万人大会」という大規模集会が開かれ主催者発表で1万1328人の参加者がつめかけた。

憲法を改正を実現するために1000万人のネットワークを作ろうというのが目的である。

主催者の発表によれば現在455万人のネットワークを実現したとある。
県民の会は全47都道府県に設立、地方議会は31都府県が決議、国会議員署名は改憲発議に必要は3分の2にあと57名に迫る422名が達成されたことが大会で発表された。

 

この大会に安部首相はビデオメッセージを寄せた。
日程の都合がつかずビデオでの参加となったが、本来であれば当然本人が出席していたはずである。

「70年間のときの流れとともに、世の中が大きく変わりました。この間、憲法は一度も改正されていませんが、21世紀にふさわしい憲法を追求する時期に来ていると思います。」

安部政権と美しい日本の憲法をつくる国民の会 が目指す「改憲」とぴたりと一致する。

憲法を改正する1000万人ネットワークのホームページへ

 

過去にも従軍慰安婦、国旗・国歌法、教科書検定、外国人地方参政権、教育基本法などの問題が国会で取りざたされたときにもその先には必ず背後に「日本会議」の勢力の影が存在した。

 

第一次安部内閣の時に「日本国の安倍内閣が国民と共に目ざす」と宣言した国家像を表す用語として「美しい国」を使用した。

日本会議においての基本理念を表す用語として「美しい日本」の再建と誇りある日本の国づくりのために、政策提言と国民運動を提言する民間団体であるとしている。

両者の基本的理念がぴたりと符合する。

そして日本会議と安部首相が供に悲願としている憲法改正に向けて秒読み段階に来ている。

長期政権となるであろう安部政権の改憲路線に多大な影響を与える日本会議の動静に、今後ますます、注目していく必要があるであろう。

 - ■ライフ

スポンサーリンク

スポンサーリンク