ネタの森

日常のチョッと気になる出来事をいろいろ記事にしています

『口唇ヘルペス』はウイルスが逃げ出すほど疲れている体の危険信号だ

      2016/03/02

4496375482_2ae8d013d4_z

Photo: undefined by Helga Weber

 

なんだか体調がおかしいなと思うようなときに唇の周りに水ぶくれのようなものができるのが「口唇ヘルペス」です。

ヘルペスは「人ヘルペスウイルス」による感染症で幼少時代に誰もが感染している一般的なウイルスです。

このウイルスは、一度人の体の中に入るとその後もずっと体の中の神経節という神経が集まっているところに隠れているという特徴があります。

このウイルスは体が健康な状態にあるときは穏やかに体内で暮らし、特に何か悪さをするということもありません。

このウイルスには面白い習性があります。
体内の疲労物質を常にモニタリングし、体調不良になるとこのウイルスはいち早くそれを察知し、体の外へ逃げ出そうとする習性があります。

逃げ出そうと活発になったウイルスは、唾液や皮膚、粘膜に出てきて他の宿主に移り住もうとします。

唾液に混ざることが一番外に出やすいのでまず唾液に集まります。
唾液と言うのは当然ですが、しゃべったり、くしゃみをしたりする際に、口から飛び出しやすいからです。

それが皮膚に出てきたのが口唇ヘルペスです。

 

その理由は宿主が弱ってしまうとウイルスが生息していくに当たって不利になり、最悪死んでしまおうものならウイルス自身も「共倒れ」となってしまうからです。

弱った体を一刻も早く捨てて、元気な体に移り住もうとするのです。

口唇ヘルペスが発症したということは、ヘルペスウイルスがあなたの体に見切りをつけたということになります。

言い方を変えれば、あなたの体はウイルスに見捨てられようとしているということです。

ヘルペスウイルスが,何らかのストレスによって生存 の危機に立たされた宿主から逃げ出す様は船が沈む際に危険を察知して,いち早く逃げ出すネ ズミの話を思い出します。

 

疲労度測定キットを開発中

5706710229_a86ddee6d8_z

Photo: undefined by Jeffrey Pott

 

この性質を利用して体の疲労度を測定すると言う簡易キットの開発が進められています。

近い将来、舐めるとリトマス試験紙のように疲労度によって色が変わるような商品が発売されるかも知れません。

朝起きたとき、なんとなく疲れているかなと思ったとき、どれくらい疲れているのかを客観的に数値で測れるようになれば、疲れに対する適切な処置をとることができます。

また人の命を預かるパイロットやドライバーなど、乗務の前に疲労度を調べることができれば重大な事故を未然に防ぐことも可能になるのではないでしょうか。

いずれにしろ、口唇ヘルペスが出た場合には体が疲れているサインですので十分な休養を取るようにしましょう。
無理をするとひどくなり治るのに時間がかかるようになるため、仕事にも影響が出てしまいます。

このようなときは自律神経のバランスも崩れているため、病気になりやすい体になっているので注意が必要です。

 - ■カラダ

スポンサーリンク

スポンサーリンク