ネタの森

日常のチョッと気になる出来事をいろいろ記事にしています

パワーストーン「ジェムリンガ」男の知らない世界で子宮系女子が増殖中

   

ジェムリンガ、子宮女子

 

アソコにパワーストーンを収めて子宮の声を聞くという「子宮系女子」が急速に増えつつある。

子宮系女子とは、子宮は「宇宙」とつながっていると考え、子宮と対話することで自分を解放することが出来、人間関係や健康が良好となり、またありのままに、自分らしく生きて行こうという考えを持った女性たちのことです。

また、子宮には抑圧されたネガティブな感情やらカルマが溜まるのでパワーストーンを使うことでそれを開放してやることが出来るというものだ。

その目的のために作られたパワーストーンが「ジェムリンガ」だ。
ジェムリンガとは、パワーストーンを5個ほどつなぎ合わせたもので、価格は2万~3万円程。

このパワーストーンを膣の中に入れておくことで子宮と対話しながら望む方向に自分を変えてて行くことがが可能であると信じられている。

長時間入れっぱなしで生活をすると子宮や膣の冷えが取れて男女関係や人間関係が改善するとうたっています

「ジェムリンガ」の勉強会という集いが連日全国各地で開催され今、「子宮系女子」がどんどんと増殖している。

Photo: undefined by Hey Paul Studios

スポンサーリンク
 

 

ジェムリンガの仕組みと効果

ジェムリンガ、子宮女子
 

ジェムリンガは、 水分、熱、電気、酸性といった体内の環境にあっても安全な 水晶ベースの鉱物、そして、 99.998%という限りなく純度の高い無添加純銀のパーツ を組み合わせて出来ているジュエリーです。
ジェムリンガは 膣内に納めることによって、 膣内で自然発電している電気を源に 水晶と無添加純銀の間で活発に 電子をやりとりします.
自然な電気代謝によって ほとんど体感を伴わない微細な熱や振動が伝わり、 それを粘膜を通して、膣や子宮が脳と連携して キャッチしていくのです。

 

と謳われているが化学的見地からみたらこのようなことが起こりうるのか疑問な点は多い。

 

各界の専門医が危険だと警告している

ジェムリンガ、子宮女子
 
出典 All About News Digより?  日本産婦人科学会専門医 清水なほみ医師
 

必ずしも医療材料で作られたものでなくても、短時間であればトラブルになることはあまりありません。
ただし、「入れっぱなし」にするとトラブルを引き起こすことがほとんどです。

また、膣の中は弱酸性のため、酸に弱い成分で作られたものを膣内に入れるのはとても危険と言えます。

ジェムリンガは、宗教団体がベースで販売しているので、使用されている材料が衛生材料でもなければ医療材料でもありません。
おそらく、水晶などのパワーストーンを一時的に膣内に入れても、その石が溶け出すなんてことはないでしょう。

ただ、使われている金属部分が劣化していくリスクはあると思われます。
また、月経血カップと異なり、一定時間ごとにとりだすのではない場合、つまり「入れっぱなし」にしてしまう可能性がある場合は感染や炎症を引き起こすリスクになります。

 

カリフォルニア在住のモデル、ローレン・ワッサーさんが2012年に「生理時に使用したタンポン」で脚を失ったという記事が、オンラインマガジン「VICE」を通じて話題になりました。

病名は細菌性感染症、いわゆるトキシックショック症候群(TSS)。
体の中で黄色ブドウ球菌が増大したのが原因とされている。

アメリカでは、1970年後半から80年代前半にかけて、タンポンの使用が原因で、32件もの死亡例が報告されているそうだ。

 

ジェムリンガを開発し、子宮女子を作り出した「須佐厳氏」とは何者?

須佐厳

 

現在は須佐厳と名乗っているが本名は「田中数人」という人物だ。
田名という名前で活動しているときはハウクラブという銀のアクセサリー販売する会社を経営していた。

その翌年「ジェムリンガ」を世に出すことになり、そのコンセプトが見事に当たり販売が好調だったのだろうか、2013年の10月にハウクラブのブログをジェムリンガのブログに統合している。

それに併せて「田中和人」から「須佐厳」という名前に変えたようだ。
田中という平凡な名前より神秘性を感じさせる「須佐厳」というネーミングの方が都合が良いという理由だからであろう。

この田中数人氏は京都の某宗教団体(稲荷信仰系の新興宗教団体)の元会員であるという話もあり、新興宗教の教義とジェムリンガを組み合わせて現在の販売スタイルを確立したと思われる。

その宗教との関連性の一端を垣間見ることが出来る書き込みがジェムリンガのサイトの中にある。

須佐厳のカウンセリング【信仰】の部分について

o0499055013292044386

 

facebookで行われている参加募集内容
巡禮記『しあわせのかたち・よく解る龍神様のお話』相模原

須佐厳氏お話&交流会ですとなっている。
◆ 一部 【しあわせのかたち】
◆ 二部 【巡禮記】よく解る龍神さまのお話
★ジェムリンガ リュウジュ展示即売もございます。

定員・・・15名様
☆お早めの参加表明お待ちしております。

☆参加費・・・各回ごと4、000円

現在は「巡禮記」という名称になっているが以前は「神様勉強会」という名前で行われていた。

 

ジェムリンガ勉強会、メンテナンス会の集いが連日各地で開催されている

89200_IMG_0661

 

・「宮古島から無限大へ、アンフィニ73
ジェムリンガ勉強会??ホトに納めます。ヒーリングジュエリーについて??

ジェムリンガの魅力に賛同した女性がこのような形で日本各地で自発的に開催してくれるのだから販売者にとってはこんなありがたいことはない。

会に参加した人にとっては新鮮で居心地のいい場所になるだろう。
なぜなら同じ悩みを持った者同志が集まり、普段人には話せない「女性・性」などについての会話を共有することが出来るからだ。

 

お茶でも飲みながら、ジェムリンガのメンテナンスをしながら、オンナのお話に花を咲かせましょ~^^

ジェムリンガ、子宮女子

 

 

ジェムリンガヒーリング体験寄稿

 

大阪のメンテの会に申込みました。
そして、Kさんからも、そのうち降りて来るから、大丈夫ってメール頂き、 ジェムに詳しい方に大丈夫って言われて、本当に安心しました。
心強かったです。 そしたら、その日の午後にジェムが降りて来ました。
その降りて来る感触が膣ちゃんの中で、ぽこんぽこんと、なんか愛しい感覚で。
最後はぽてっとトイレの時に落ちたのですが、 なんかジェムリンガが可愛くて、愛しくて。
約4日、私のホトに居て下さったのですが、沢山の感情を浮上させ、 気づきと解放を私に与えてくれました。 その私の感情の解放の同志のような、戦友のような絆をジェムリンガに感じてしまいました。
ジェムリンガ、生きてて、意志を持ってるみたいです。

 

実際、けっこう出てこないことあります。
ジェムリンガ。 でもまぁ、よくあることのようです。 そんなに心配することはない。
私は普通に最初から自分で下ろすことできましたけど そうじゃない人のが多いのかもしれない。
降りてこなかったって人の話で3週間位降りてこなかったというのを 聞いたことがあります。
聞いただけですけど。
これ、絶対大丈夫って言ってるんじゃないですからね(笑)

 

オリモノが非常に多くなって 最初は子宮もチクチクよく痛みだした。
なんだか いろんなものが出てきていること反応が 私には、とても興味深い 今までにないデトックス反応であることが わたしにはわかる。
未来に対する不安より なんていうか 子宮の病気のことも これまでのことも きっと大丈夫だ と、 根拠のない自信もでてきた。
根拠のない自信がいかに わたしにとって大事か というのは 頭で考えてるいる人 過去の知識や情報のみしか 信じれない 感じれないヒトには、 きっと、わからないことなんでしょう

 

月経を迎える子宮ちゃんと 仲良くなるヨガを楽しんで いただきます。
自然と笑いが溢れるヨガの時間に なることでしょう。
面白いって、生きる基本? 楽しいって女の子のベース! そんなヨガになると思います。
うずめカフェikukoは 今回は布ナプキンの紹介、 使い方や洗い方などの説明や ジェムリンガのご紹介などを させていただく予定です。
皆様のご参加お待ちしています。

 

助産院まで広がっているとは、しかも親子での参加を呼びかけている。

我々男性には伺い知れないところで「子宮系女子」なるものがジワジワ増殖している。

 

 - ■ライフ

スポンサーリンク

スポンサーリンク