ネタの森

日常のチョッと気になる出来事をいろいろ記事にしています

B.N.F(小手川隆)在宅で200億円を稼いだ青年投資家が実在する。

      2017/07/02

株投資200臆

 

上のイラストのようなパターンで一般投資家は損をする。

すごい勢いで上がっている株のチャートを見て、これに乗り遅れてはいけないと思って買ったらとたんに下がる。
この株の強さなら一旦下がっても絶対上がってくるはずだと思いもち続ける。
ところが株価はどんどん下がる。ついに我慢できずに売ったとたんに上がり出す。

まるで人の心をもてあそぶように。こんなことを繰り返すうちに大きな含み損を抱えて投資家の「8割」が株式市場から撤退する事になる。

だがそんな厳しい株の世界で学生時代にアルバイトで貯めた「160万円」を元手に8年で資産を「218億円」まで増やした青年投資家が国内に実在する。

一般サリーマンの昼食代が平均500円代となり、選ぶのにも苦労をしている一般庶民からすると夢のような金額だ。

8割の人が損をすると言われている株式投資だが時としてこんな天才とも言える投資家が生まれることもある世界だということで紹介したい。

株式投資に興味のない全く無名だが、彼は2004年から2005年にかけて、2チャンネルの株式掲示板では、「B・N・F 」のハンドルネームで書き込みを行い、株式の世界では知る人ぞ知るカリスマトレーダーであった。

千葉県市川市出身 現在37歳

最初の2、3年は伸び悩んでいるがその後脅威のスピードで資産を倍増させている。

 資産推移
BNF資産動向

 
スポンサーリンク
 

株で得た資金でビルのオーナーに

 

チョムチョム秋葉原

 

2008年(平成20年)10月には、秋葉原駅前の地上10階・地下1階の商業ビル「チョムチョム秋葉原」の所有権を90億円の現金で取得した。
地元の不動産業者の見込みによると年間およそ6億円の家賃収入が見込まれるようである。
 

AKIBAカルチャーズZONE

 

2011年(平成23年)秋葉原の、敷地面積800平方メートル、地上6階、地下2階建ての商業ビル「AKIBAカルチャーズZONE」を推定170億円で購入。

 

渋谷センター街ビル

 

20313年には渋谷センター街のド真ん中にビルを新築している。
鉄骨造の3階建て前の二つの物件に比べると敷地面積は小さく、土地を1億で購入し、新築のビルを建てている。

もしも彼が株で現金を全て失ったとしても少なくても年間12~13億円以上の家賃収入が入ってくる。

 

2011年度の資産総額を推測する

1件目と2件目のビルの購入金額を合わせるとそれだけで260億円になる。

過去にはテレビ東京 2008年放送の「久米宏 経済スペシャル 『新ニッポン人現わる2』」などを代表にいくつかの番組や雑誌の対談などを受けていたが、ここ2、3年はマスコミにも全く登場しないので情報が出ないのだがおそらく株の取引のための100億程度は残していたのではないだろうか。

BNF: ビルを買ったもう 1 つの理由は、運用資産が 200 億円ぐらいになると、売買注文にかなりの時間がかかってしまうんです。実際、発注に手間取っている隙に損失を出してしまうことが何度かあった。

それで、株の運用額を減らさなくてはならないと考えていたんです。大体 100 億~150 億円ぐらいが僕にとっては運用しやすい額の上限なんですね。

260臆+100臆=360億円

上の数字は控えめな推測でしかないが2011年の段階で実際いくらの資産を築き上げていたのだろうか。

 

彼は今でも株の取り引きを続けているのだろうか。

2014年にはブロッコリーを始め6社の大株主となっていたことが格企業のIR(投資家向け情報の)資料から判明している。

2015年には3月31日時点でVOYAGE GROUPの第6位の大株主になっていたことが四季報などから明らかになっている。

持株数=520,000株、持株比率=4.60%、当時終値換算=約12.3億円

やはり彼は株を続けていた。それは彼の過去の発言からも理由が分かる。

家族からも「やめたら」と言われる。
でも、いつでも値動きがある。
もうけのチャンスがそこにあるのに、失うこともつらい。
出来たはずのことをしなかったことで仕事放棄のような気がしてしまうんです。

取引をすれば1日で億単位の現金が入ってくる株が目の前にあればそりゃ、止められる訳はない。
そんなエキサイティング な醍醐味を味わえる境遇はそうはない。
だから今もきっと続けているはずだ。

損ばかりをしている一般投資家にしてみれば一度は言ってみたいセリフだ。

スポンサーリンク

 

ジェイコム男BNF氏の名前は、小手川隆(こてがわ たかし)さん。

ダウンロード

 

エピソード

彼を一般的にも有名にしたのが「ジェイコム株の大量誤発注事件」である。

2005年に新規上場したジェイコムの”株式” において”みずほ証券”の男性担当者が「61万円1株売り」とすべき注文を「1円61万株売り」と誤注文し株式市場を混乱させた。

彼はその誤発注を見逃さず7,100株を取得しわずか10分後には売り抜け20億円を稼いだ。

ソフトバンクの孫正義社長と会談した際に資産を運用するよう依頼されたが、彼は他人のお金を運用することは苦しいと断っている。

「B・N・F」というハンドルネームは米国の投資家、ヴィクター・ニーダーホッファー (Victor Niederhoffer) をもじったもの。

2014年12月26日の朝日新聞電子版の報道により、ふるさと納税で三重県伊賀市に1500万円の寄付を行い、純金手裏剣(24金で30万~40万円相当)3枚分を返礼として受け取ることが判明した。

 

 逆張り投資法で資産を築く

BNF氏の逆張りスイングトレード術 (下げ相場向け)

25日移動平均線乖離率という指標を見て、マイナスに大きく乖離している銘柄を買う。
そして、買った銘柄が乖離率0%に戻っていく過程で売る。

●私は逆張りが好きで有利だと思っている。

短期筋が順張りする前に買ってた人を1
その株を上がってない時買う人を2
完全に上がり出して買う人を3
高値で買う人を4とする

3~4で買った人は1で買った人の利益には及びません。
しかし、3~4 で買う人も悪くはない。

短期の順張りは1で買うことは難しく利益を積み重ねる感じになる。
一方、底の見極めができれば1と同等の水準で買える。
底打ち前で買う人は、2
完全に底打ってから買う人は3~4
短期の順張りでの1の水準で買えるおいしい相場が下げ相場だと思う。
マイナスである場面で更に下落する余地は少なく、ダメなら損切ればいい。

●相場の雰囲気を読み「連れ高銘柄」を狙う
・値動きが似ているグループ株を抑えておく
グループ株は一つの銘柄が上がりだすと他の銘柄も上がりだす。いわゆる連れ高と呼ばれる現象。

・日経平均株価が上がりだすと鉄鋼なら前兆としてどれかが上げ始める。
上がっていない銘柄があればそれに買いを入れる。

日経平均先物が急騰したら日経平均に連れ高する主力株を買い、急落したら主力株を売る

乖離率がきつければきついほど反発しやすくなるのは
その時の地合によって買うべき乖離率の
水準はだいぶ違ってきます。01年や02年の相場では
25日移動平均線からのマイナス乖離が最低20%
安心して買えるのは35%以上の乖離率という感じでした。
短期の逆張り専門の人には天国のような相場だったと思います。

しかし、去年後半から今年の今現在までの相場にかけては
15%も乖離したら反発しちゃうって感じでした。
その時の地合に合わせてどの程度の乖離率で株が反発するのか
を自分の相場観にしたがって判断していけばいいと思います。

●いろんな要素を見て、総合的に判断してる

日経平均や日経先物の動き、同じセクターの他銘柄の動き、
全体の出来高、アメリカ市場の水準や出来高など、いろんな要素を見て、
総合的に判断してるとしか言いようがない。

全体を見るほうが、その銘柄がちゃんと見えてくるんですね。

 

私生活

2008に放送された番組の取材で彼の私生活の一端が垣間見えた。

  • 所有している車は

    あまり外に行かないというのもあるし、自転車で間に合っちゃうので。自転車はありますけど、車は持ってないです。

  • 旅行について

    海外旅行はしたことがない。そもそも、 旅行自体しない。旅行の計画を立てていても、その前日に相場で数億円損したら行く気力がなくなる。

  • お酒について

    お酒はあまり好きじゃないっていうのもあるんで全然飲まない。

  • 最近の高価な買い物は

    最近の高価な買い物は 任天堂のwiiをニ台買ったことぐらい。

  • 今所持している現金は

    財布の中身は3万円くらい。 目の前につまれた現金をみてしまうと、いざというとき冷静な判断ができなくため現金はできるだけ見ないようにしている。

  • 食事について

    食事は昼と夜の2食。昼食は赤いきつねなどのカップめんが多い・・・相場の休憩時間が短いことと、お腹いっぱい食べると眠くなり午後からの取引に支障をきたすのでカップめんが最適。

  • お金の使い道について

    あんまりお金を使うことには興味がないです。
    使うのはぜんぜん、お金を使うことは自分は全然楽しくないんで。
    お金を使うことで、おもしろいと思うことがほとんどないので。
    今はとくに欲しいものはないんです。というか、金の使い方がよく分からないんですよ。
    ある意味、ゲーム感覚で儲けたようなもんですからね。

  • 株式投資についての勉強は

    株の勉強を特別にしたわけじゃありません。株の売買はどうやったらいいかが分かる程度の本を1冊読んだだけです。ちょうどネット証券が始 まったばかりだったので、あんまり本とか読んでも意味がなかったんですよ。自分で運用しているうちに、自然と身についた感じですね。いや、別に数学とか得 意だったわけでもないですよ。

音楽の世界に絶対音感保持者というのがいるが、BNF氏は同じように人一倍株の動きが見えてしまうのだろう。
それゆえの辛さもあるようだが、まさに株の世界においての天才と言えるのかも知れない。

 

2016年、やはり彼はまだ株の世界にいた

四季報株主欄で見る大個人投資家(2016秋)

小手川隆

8585 オリエントコーポレーション 19,750,000株
9517 イーレックス 300,000株
8922 日本アセットM 6,595,800株
6238 フリュー 205,000株
6186 一蔵 250,000株
8589 アプラス 2,493,600株
7215 ファルテック 211,500株
9/15時点の株価で時価を計算すると、約67億円

最近はマスコミにも一切登場しないので情報が伝わって来ませんが、現在の資産は一体いくらになっているのでしょうか。
気になるところではあります。

 - ■ライフ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です