ネタの森

日常のチョッと気になる出来事をいろいろ記事にしています

梅毒が若い女性に急増中2.7倍、梅毒がよみがえっている。

      2017/04/26

梅毒若い女性に急増

梅毒にかかると体中に腫瘍ができ膿が吹き出し、さらに進行すると骨を浸食し、目、唇、鼻、喉、性器などの組織が破壊され、放っておくと最後には脳、脊髄、神経を侵され死亡する 病気である。

抗生物質の登場により、梅毒はもはや過去の病気と思われていたが、実は今、新たな流行の兆しが見えています。

国内で2010年には621人まで減った病気であるが、2011年から急増し、2015年の今年はすでに2037人が新規に感染したとされている。 10年ほどで3倍以上も増えているのです

しかし感染している患者は実際にはもっと多くいるのではといわれています。

その理由は、潜伏期は無症状梅毒感染者はかつてほど多くないため、全く診察したことがない医師が多くいます。
そのため見逃されているケースもあるのではないかということです。

そしてまた潜伏期は無症状であるため感染していることに本人が気づいていないこともあります。

Photo: undefined by Scott Smith

スポンサーリンク

 

若い女性に急増している

梅毒が若い女性に急増

2015年の傾向としては若い女性の梅毒感染者が増えており、年齢別では20~24歳が177人で最も多く、昨年同時期に比べ2.7倍増となっているが、その理由は現在の所よく分かっていません。

妊娠中に感染すると死産や胎児に障害が起きる可能性があり、厚生労働省は注意を呼びかけている。

現代では関心も薄くなっている病気のため、若い世代では知らない人もいるかもしれません。
そこで梅毒についてのおさらいを。

梅毒を広めたのはコロンブス 
15 世紀後半にコロンブスが新大陸からジャガイモやトマトとともに新大陸から持ち帰り大流行した というのが定説になっています。

1493年スペインで大流行した梅毒は、あっという間にロッパに広がりました。
1498年のバスコ=ダ=ガマのインド航路発見によって、東南アジア、中国へ伝播。

1512年には大坂でも発見されていますから、そ の後わずか 20 年程度で世界中に広がったということになります。

日本では江戸時代に梅毒が大流行しています。
杉田玄白は、年間の診療患者 1,000 人の うち、700~800 人は梅毒にかかっていた、と回想録で述べています。
何しろ江戸には最大規模を誇る遊郭の吉原がありましたから、そこからあっという間に広がったのです。

当時は抗生物質がな かったわけですから、梅毒に感染すると 10 年以上の月日を経たあと、精神症状を発症した り、手足が動かなくなったりして、やがて死に至りました。

抗生物質がなければ、梅毒と は「死に至る病」なのです。 その梅毒が今、日本で再び増えています。

梅毒の症状

梅毒が若い女性に急増

 

第1期(3週間 – 3か月)
感染部位に硬いしこりや潰瘍 ができる このしこりは特に痛みはなく、放置していると4週間~6週間で消えてしまいます。
この第一期ではあまり不快感を伴う異常が出ないため、自分が梅毒に感染していることに気付かないことが多いのです。
特に女性は男性よりも気付きにくいそうです。

第2期(3ヶ月~3年)
病原菌が血液に入り、全身に広がります 。
バラの花びらをまき散らしたようなバラ疹が全身に現れます。 第二期の最も初期に見られる症状で、痛みもかゆみもなく、数週間で消えます。
髪の毛が抜けることもあります。(梅毒性脱毛)

第3期(3年~10年)
脳、肝臓、鼻、皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)ができます。
ゴム腫が鼻骨にできると、鼻骨がくずれて「梅毒で鼻が落ちる」と言われる状態になります。

第4期 (10年以上)
多くの臓器に腫瘍が発生したり、中枢神経系と循環器系が冒され、麻痺や痴呆、精神障害を起こし、やがて死亡する。

梅毒の名前の由来

若い女性に梅毒が急増

 

韓国ドラマ「Dr.JIN」よりイメージ写真

 

梅毒に感染してから3ヶ月ほどすると、感染の第二期に入るのですが、この時期の病状として見られる赤い発疹が、「楊梅(ようばい=ヤマモモ)に似ているところからこの病名がついたそうです。

だから最初は、梅毒ではなく、「楊梅瘡(ようばいそう」すなわち、楊梅のようなできもの、という名前だったのです。
それが、「楊」の字がいつしか取れて、「梅瘡」となり、最後に「梅毒」となったようです。

梅毒にかかった症状の画像はGoogleの画像検索で調べればたくさんヒットするが、どちらかというと「閲覧注意」の画像に入るため、気の弱い方は検索しないほうが良いだろう。

梅毒にかかったといわれる歴史上の人物

若い女性に梅毒が急増

第三期の患者の像

リンカーン 、ニーチェ 、アル・カポネ 、シューベルト 、シェイクスピア 、ゴッホ、 カサノバ、  ムッソリーニ 
加藤清正、結城秀康、前田利長、浅野幸長 など

一時期は衰退した病気だが、正確な統計をとりはじめた1999年以来、全世界で推定1200万人が新規に感染したとされまた急増して来ている。
何か心あたりがあれば早い時期に診断を受けることが必要だろう。

妊娠年齢の女性の感染数が増える傾向にあることから、今後、母子感染が増加し、先天梅毒が増えるのではないかと懸念しています。

妊婦が梅毒の場合、胎内で赤ちゃんに感染し、流早産や先天梅毒が起こる心配があります その際は胎児への感染を避けるため、迅速な治療が必要となる。

念のため病院へ行く前に自宅で検査をしてみたいという方に、STD(性感染症・性病)の検査ができる郵送検査キットが販売されている。結果はネットで見れるためプライバシーが漏れることはない。
性病検査STDチェッカーをamazonで検索

 - ■カラダ , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク