ネタの森

日常のチョッと気になる出来事をいろいろ記事にしています

『Amazon go 』人工知能の活用でレジのないコンビニの時代がやってきた

   

amazon go

 

様々な新規事業を次々と世に送り出しているAmazonがまた画期的な事業を送り出そうとしています。
それはレジのないコンビニエンスストアの「Amazon go」です。

レジがない?どうやって支払いするの?と思いますがその手順は以下の画像を見れば納得できると思います。

スポンサーリンク

 

入店するにはスマホにインストールしてある「Amazon go」のアプリを起動してセンサーにかざせば店に入ることができる。 amazon go

 

欲しい商品が見つかったら手に取りそのまま持ち帰ればOK
「Amazon go」の専用アプリ内のカートに購入したものが自動的に入ります。
棚に戻すとカートから削除されます。45897

 
 

欲しい商品をどんどんバッグに入れていけば自動で加算される amazon go

 
 

買い物が終わったらそのままお店を出ればよく、スマホをチェックすると購入した商品と金額が表示されています。 AmazonのECサイトで買い物をしたのと同じ要領である。 レジのないコンビニ

 
 

この仕組みがレジのないコンビニ「Amazon go」です。 introducing-amazon-go-and-the-worlds-most-advanced-shopping-tenology-001_0001

画像はYou Tubeより amazon go
 

会社のお昼休みなどの時間に混雑しているレジに並ぶのは時間をロスしているようで落ち浮かないものです。
それを解消してくれるのが「Amazon go」です。
待ち時間なしで買い物を済ませることが出来ます。

 

Amazon goのオープンは2017年

現在はAmazon本社があるシアトルで従業員向けにテスト販売を行っており、2017年の早期に一般客に開放される予定です。

 

レジのない仕組みは

カメラとセンサーで追跡し、AI(人工知能)の技術と組み合わせることで購入した商品を特定し、amazonアカウントで決済が完了される。 そのため購入者はレジを通らずにそのまま店を出ればよい。 キャッシュレスのさらに先を行く取り組みで、革新的な仕組みとなる。

 

レジのないスーパーの時代は来るのか

amazon go

 

すでに不特定な形の商品を識別するレジをすでに使用しているお店が国内にあります。
株式会社ダスキンが展開している最新レジシステムのパン屋さんに「ベーカリーファクトリー」がある。

現在大阪府で3店舗にて展開をしている。
ベーカリースキャンというレジシステムでトレイ上のパンの種類・値段をカメラで一括識別するシステムです。

購入したいパンをレジに持って行き台の上に置くと専用の読み取り機でそれぞれのパンの色と形で判別し、あっという間に種類と合計金額が出るので表示された金額をレジで払えばよい。

購入したパンの金額をを1つずつレジに打ち込む必要がないので清算までの時間が大幅に短縮できる。

「Amazon go」の天井にはベーカリー・ファクトリーのような画像識別機能機能にAI( 人工知能)を組み合わせた センサーが設置されており、この機能は不定型で個々にバーコードがつけにくい生鮮類(青果、鮮魚、精肉、総菜、お弁当)に応用できます。

Amazonが全米に2000店舗を有する生鮮食料品を取り扱うスーパーマーケットの出店を検討しているというニュースが報道されたが、現時点ではAmazonでは否定はしているものの本当の所は分かりません。

しかし、スーパーの売り場からレジをなくすことが出来れば革新的なビジネスになることは間違いないので可能性は十分にあると思えます。

スーパーからレジがなくなればレジを打つ店員も要らなくなり大幅なコスト削減につながります。
その分商品を安く売ることが出来ます。
5~10%安くなったとしたら消費者にも大きなメリットとなり、どこの店よりも安く売ることが出来れば競争力の強い店となります。
またお店が頭を悩ませている万引き対策にも大きな力を発揮できます。

 

amazon go

 

アマゾンは2015年にシアトルに初の書店「Amazon Books」を開店したばかりだが将来的には400店舗を展開することを目指していると報道されています。
そしてここでも「Amazon go」のシステムを取り入れればレジのない書店が出来上がります。

Amazonがレジ係の必要のないAIコンビニの出店を発表したことにより、将来人のいない無人店舗化の可能性が見えてきました。

AI店の大変革の波が日本にも近いうちにやってくるのではないでしょうか。

 - ■ライフ

スポンサーリンク

スポンサーリンク