ネタの森

日常のチョッと気になる出来事をいろいろ記事にしています

虫歯菌や歯周病菌を退治してくれる8020ヨーグルトが人気沸騰で売り切れ

      2016/06/26

虫歯を防ぐヨーグルト8020

 

食べるだけで虫歯菌を殺してくれるヨーグルトが今話題となっています。
5月25日の「ほんまでっかTV」で紹介されたL8020菌が入った製品で食べるだけで虫歯菌や歯周病菌を殺してくれるという画期的なヨーグルトとして注目を集めています。

スポンサーリンク
 

 

乳酸菌L8020菌とは
正式名称をラクトバチルス・ラムノーザスKO 3株といい、広島大学の二川教授により発見された菌で、虫歯・歯周病に罹患したことのない健康な子供の口内から分離された菌です。

L8020という名前は、80歳になっても20本の歯を保つようにとの願いを込めてつけられました。

 

開発までの道のり-らくれんホームページより

L8020菌との出会い
009年5月、ある数人の男性が四国乳業に訪問されました。その中のひとりがL8020菌の発見者、二川浩樹教授です。
二川教授は広島大学大学院で歯に関する研究をしていました。
その研究の中で、健康な子供の口の中から、新しい乳酸菌を発見しました。
四国乳業は、その乳酸菌を使用した製品化の依頼を受けました。
ちょうどその頃、四国乳業では、これまでのヨーグルトのイメージを覆すようなヨーグルトを作れないか、研究開発グループが乳酸菌の研究をしていました。
この乳酸菌をつかって、新しいヨーグルトを作ろうと、広島大学と共同で研究がスタートしました。

広島大学の学生による検証 広島大学の学生50人の協力を得て、ヨーグルトの味の評価や、口の中の菌数の検証を行いました。

学生は2つのグループに分かれ、8020ヨーグルトと一般的な乳酸菌を使用したヨーグルトを食べ比べてみてもらったところ、口腔内のミュータンス菌は平均83%減少し、代表的な歯周病菌4種類を40~95%減っていることが分かりました。

現在、L8020菌が出す抗菌物質には、歯周病菌の(内)毒素を不活性化する作用があることも分かって来ました! そしてその特性を生かしたヨーグルトが製品化されました。

 

虫歯菌を防ぐヨーグルト

 
 

そして、今この商品が大人気となっているが 公式サイトを見てみると品切れになるほど売れている。(当記事掲載時点において)歯周病とヨーグルト

らくれん公式サイト

 

 

楽天市場でも扱われているが現在品切れ状態となっている。

アマゾンではヨーグルトの扱いはないがマウスウォッシュタイプのものがベストセラー商品となっている。

 

口のプロバイオティクス

ヒトの口の中(口腔内)には、多種類の微生物が存在し、通常700~800種類の微生物が生息しています。これをオーラルフローラと呼びます。

腸の中と同じように口の中にも全玉菌と悪玉菌がいて縄張り争いをしています。
口の中の善玉菌を増やすことで虫歯や歯周病になりにくい環境を作ることができ、口臭の発生も防いでくれます。

素晴らしい働きをしてくれるL8020菌ですが、基本は歯磨きです。
ハミガキは歯の表面に形成されるプラーク除去するのに大切です。
ヨーグルト(のむヨーグルト)を食べて(飲んで)、プラークを採るわけではありません。
ハミガキはこれまで通り必要です。

 - ■カラダ

スポンサーリンク

スポンサーリンク